題名未設定

(2)錯覚タイプ

 先ほどの「ホテルのオーナーになりたい」というタイプです。漠然とした夢を抱き続けているのですが、毎日ほとんど何も行動していません。

 最近はこのタイプが非常に急増しているのですが、これは自己啓発セミナーの急増とリンクしているように思います。夢を大きく持ちましょう、絶対に実現しますよ、とモチベーションをあおられ、その場の雰囲気で夢を設定してしまった人が、このタイプに陥りやすいです。

 この夢を実現できればカッコイイ、この夢が実現できたら素敵、という雰囲気だけで設定しているにもかかわらず、「夢をイメージすれば魔法のように実現できる」と錯覚しているのです。このタイプは自己啓発ビジネスの良いお客さんです。

aurorae:

Let’s see what the next test is by AngelaBermudez on deviantART
gakujin:

まだツイッターどころかブログすらなかった1999年発売のゲームだけど、ネットに関する深い話が語られている #シルバー事件 (via Twitter / KeytanKTN)

gakujin:

まだツイッターどころかブログすらなかった1999年発売のゲームだけど、ネットに関する深い話が語られている #シルバー事件 (via Twitter / KeytanKTN)

mmtki:

2014-01-29

mmtki:

2014-01-29

上司が部下に指示を出すときは次の4つを明確にすると指示が的確に伝わります。

(1)「期限」を示す

 いつまでにという希望を伝えた上で、期限の少し前に進捗状況の確認を忘れないように。

(2)「優先順位」を示す

 部下の既に持っている仕事を比べ、優先順位をつけて、「任せる仕事」の時間枠を取ること。この中には価値の順位も含みます。例えばライフネット生命のウェブサイトを制作した時は、担当者にウェブサイトを作るうえで、私が重視しているポイントを序列をつけて(1)使いやすさ、(2)分かりやすさ、(3)SEO(検索エンジン最適化)対策、と伝えました。この時に(1)と(2)と(3)と並列して列挙すると部下は迷ってしまいます。

(3)「目的・背景」を示す

 例えばプレゼン資料作成に関するデータを見つけてほしい場合、「プレゼンの目的は何か」、「どういう資料を作ろうとしているのか」、「どこに提出する資料なのか」などの背景を説明しないと部下は適切なデータを見つけることができません。

(4)「レベル」を示す

 「完成品」を望んでいるのか「半製品」を望んでいるのか、仕事のレベル(質のレベル)を明確にします。仕事を任せるときは、「時間も、部下の能力も、有限である」ことを忘れてはいけません。

ishida:

hjklg:

【人工血液 オキシサイト】 イギリスで開発された白い人工血液。原料はプラスチック。人間の本来の血液よりも酸素を運ぶ能力が5… on Twitpic

【人工血液 オキシサイト】 イギリスで開発された白い人工血液。原料はプラスチック。人間の本来の血液よりも酸素を運ぶ能力が50倍もあり、失血による脳への酸素不足などを予防する。冷却の必要もなく、長時間保存に耐える。

ishida:

hjklg:

【人工血液 オキシサイト】 イギリスで開発された白い人工血液。原料はプラスチック。人間の本来の血液よりも酸素を運ぶ能力が5… on Twitpic

【人工血液 オキシサイト】 イギリスで開発された白い人工血液。原料はプラスチック。人間の本来の血液よりも酸素を運ぶ能力が50倍もあり、失血による脳への酸素不足などを予防する。冷却の必要もなく、長時間保存に耐える。

rocketjuice23:

Bushido 

rocketjuice23:

Bushido 

peacepax:

Michelle

peacepax:

Michelle

rovrsi:

A.F. Vandevorst S/S 2007.

rovrsi:

A.F. Vandevorst S/S 2007.

先週末、番組トップギアで、メキシコに親切ではない言葉をつい出してしまいました。もっと明確にいうと、この中央アメリカ人のことを怠け者で無気力だと言いました。

 さらにメキシコの食事は、吐いたものを揚げ直したようだとも、ロンドンにいるメキシコ大使は寝ているだろうから苦情はしないに違いないとも言いました。 しかし実際に大使から苦情があったので、もし彼が寝ていたとすると、きっと誰かが彼を起こし、その苦情によって国際的な問題になったわけです。

(中略)
 
 よく世間の人々は、メキシコ人が得意なことと言えば、ビジネスマンの誘拐とアーノルド・シュワルツネッガーのプールの掃除とヘロインの栽培だけと言いますが、私はそんなことはないとわかっています。なぜなら、私は一度メキシコを訪れ、昼食をとりましたがとてもいい感じでした。そして誰も私を誘拐などしませんでした。しかもウェイトレスがとても美人だったことも覚えています。

 そして伝説とも言えるメキシコの工学技術に触れると…。もし私に心臓のペースメーカーが必要になり、例えばスイス製とメキシコ製から選ぶことになれば、絶対メキシコ製のを選ぶでしょう。さらに…(中略)

 と言うわけでありまして、メキシコと国民のみなさまへ率直に謝罪する次第です。番組の一部で、怠け者で無気力と呼んでしまい本当に申し訳ありません。もちろん実際は違います。しかしながら質問もあります。みなさんは少しユーモアというのが欠けているのではありませんか。

 例を挙げましょう。もう何十年もフランス人たちは我々イギリス人を料理ができないとバカにしてきました。オーストラリア人は我々が風呂に入らず不潔だと言い、アメリカ人は我々の歯が腐った黄色い切り株のようだと言います。

 ほとんどのイタリア女性は大きな声で、イギリス人とベッドインするくらいならネズミと入ったほうがマシだとか、中には多分ネズミとあまり差はないとまで言われていますが、それらだってスコットランド人が言ってることよりはマシです。

 我々はこれらのどれも気にしません。なぜなら害のないものだからです。そして害がないからこそ、我々のほうもこきおろします。私がフランス人を傲慢だと言うときは、彼らが本当に傲慢で嫌いなので、全員とっとと死んで欲しいという意味ではないのです。私の本当の意味は、「彼らは傲慢だ、さぁビールでも飲もうか」と言いたいだけなのです。

アメリカのコメディアンが指摘していたように、イギリス人だけが友人を紹介するときに、「ビリーを知っているかい?こいつはちょっと最低なヤツなんだ」と言うのです。それが我々です。そして我々は自分たちのこともジョークにします。

(中略)

 もちろん無礼なユーモアはすべて禁止せよといった動きもイギリスでは出てくるでしょう。しかし人々がよくわかっていないのは無礼なしにはジョークは成り立ちません。

 誰ひとり不機嫌にならないジョークを1つたりとも聞いたことがありますか。
ということで、ひとつ例をここにあげておきます。

問:どうしてメキシコにはオリンピック選手団がないのか?

答:それは走ったり、跳んだり、泳いだりが得意な人はすべて、国境を超えるからです。
 「記憶しておくがいい、きみを侮辱するものは、きみを罵ったり、なぐったりする者ではなく、これらの人から侮辱されていると思うその思惑なのだ。それでだれかがきみを怒らすならば、きみの考えがきみを怒らせたのだと知るがいい。だから第一に、心像に奪い去られぬようにしたまえ。なぜなら、もしきみがひとたび考える時間と猶予とを得るならば、容易にきみ自身に打ち勝つだろうから。」

これも面白い考え方です。
だれかがきみを殴った。あなたは殴った人に対して怒りや憎しみの気持ちを抱くよね。
でもそれは、間違いだと、エピクテトスは言う。
彼はあなたを殴っただけ。怒りや憎しみをあなたの心に植え付けたのは、あなた自身の心だ、怒りは彼の中にあるのではなくて、あなたの中にあるのでしょ。
あなたを怒らせているのはあなた自身の怒りの心。ほらほら、それに振り回されてはいけませんよ。自分の心です、コントロールしなさい。
エピクテトスの言いたいことはこういうことだと思います。

ローマの文化 (via kikuzu)

反応と選択

(via petapeta)